×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妊娠の初期症状、つわりと上手に付き合おう♪

妊娠したかどうか・・・これは妊娠の初期に出てくる様々な兆候、初期症状である程度確かめられます。代表的なものがいわゆる”つわり”になるわけですが、このつわりに悩まされる方はかなり多いようですね。妊娠をしているのかしていないのか、に関しては市販の妊娠検査薬を使えばほぼ100%わかりますので、今回はつわり、妊娠の初期症状のご紹介、そしてその症状に対しての対策をご提案致します!妊娠は本来嬉しいものですが、つわりとの付き合い方によって苦しいものにもなりかねません。妊娠兆候、症状への対策をしっかりと講じて、無事に出産を迎えていただけたらこんなにうれしいことはないと思っています!私自身、一時期は本当につわりのせいでかなりイライラしていました・・・(汗)。お腹に赤ちゃんがいて幸せなはずなのに・・・。また、友達は妊娠特有の初期症状やつわりの加減がそれぞれバラバラでした。全く辛くない人もいれば、精神的にキツくなる人もいます。経験的に思ったことは、とにかくプラス思考で考えたほうがいいってこと。「つわりこそ妊娠の醍醐味!元気な赤ちゃんを出産するぞ!」くらいに思えば何とか乗り切れるもんですよ。

■不妊に悩んでいる・・・
■妊娠後でも健康な子宮で赤ちゃんを育てたい!!
↓↓↓↓↓
譚定長先生の妊娠成功ガイド!

つわりの症状にはどんなものがあるのかな!?

「つわり」を経験したことがない方の為にご説明しますと、つわりとは妊娠の初期症状として現れる消化器官系の気持ちわるさ、ムカムカ感のことです。大体の人は妊娠12週くらいまでには治まるようですが、逆に出産時まで続く人もいるようです!つわりの原因と挙げられることは、妊娠によって引き起こされるホルモンバランスの変化、精神的なストレス、赤ちゃんに対してのアレルギー反応、などなど色んな説がありますが、断定するのは難しいようです。またやっかいなことに、つわりの症状も人それぞれ。一般的なものだと、「吐き気」「眠気」「ニオイに敏感になる」「頭痛」「食べのもの好みの変化」「イライラする」などですね。(←妊娠の度にこれを経験する女性っていうのは本当に強いなぁ〜ってつくづく思います。) ではこれら”つわり”の症状にはそんな対策が有効的なんでしょうか?全てが100%効く!というわけではありまえせんが、妊娠した時にお医者さんからも言われる代表的なつわり対策です。いくつか次にコーナーで紹介しておりますので、より妊娠に対する理解を深めて下さいね♪

あなたに合ったつわり対策を見つけることが大事★

ではつわり対策をご紹介して行きましょう!とは言っても、気持ち悪さを取り除く、というのはなかなか難しいんです。本当のところ、薬を飲む以外には、毎日の心がけや生活スタイルを変えることによってつわりのキツさを和らげるくらいしかできないんです。ん〜、妊娠ってやっぱ辛いかも(笑)。例えば皆さん、こんなことをして妊娠・つわりと向き合っているようです・・・。@「徹底的に規則正しい生活」⇒睡眠不足や食生活の崩れはつわりにも影響をします。何より大事な赤ちゃんのことを思うと、妊娠前のような無茶はできないはずですよね。A「水分、軽食を用意しておく」⇒普段つわりで食欲がなくても、フッと回復する時もあります。妊娠時には赤ちゃんの為にも食べれる時に食べておく、こんなスタンスも大事みたいですよ。B「気分転換」⇒これ、単純ですがつわりには意外と効果的です。外の風に当たりに行ったり、久々に親元に帰ったり。妊娠後は自分が一番落ち着く場所を確保しましょう!
テレビや雑誌で出ているつわり対策は、効果も人それぞれです。あなたに合った妊娠・つわり対策もあるはずですので、それを見つけて下さいね♪

Copyright © 2008 妊娠の初期症状、つわりとの上手な付き合い方

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。